市民消火隊が使用する可搬消防ポンプの紹介

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1004858  更新日 令和3年12月27日

印刷 大きな文字で印刷

 可搬消防ポンプとは、人力でも十分搬送できる大きさの消防用ポンプのことです。この可搬ポンプは、区内で組織されている市民消火隊も訓練で使用しています。

本田消防団C級ポンプ

金町消防団C級ポンプ

 可搬消防ポンプは、ホースや内燃機関を備えており、防火水槽などから揚水し、圧力をかけて放水する仕組みとなっています。
 可搬ポンプは大きく分けると、B級可搬ポンプ、C級可搬ポンプ、D級可搬ポンプの3種類に分類されます。B級可搬ポンプが一番サイズが大きく、放水性能が高いポンプであり、D級可搬ポンプが一番軽量で、放水性能も低くなります。市民消火隊が、日頃の訓練で使用しているのはC級可搬ポンプであり、火災が起こった時の初期消火には非常に有効となります。

このページに関するお問い合わせ

地域防災課訓練係
〒124-8555 葛飾区立石5-13-1 葛飾区役所5階 503番窓口
電話:03-5654-8224 ファクス:03-5698-1503
Eメールでのお問い合わせはこちらの専用フォームをご利用ください。