令和5年4月から妊婦超音波検査の助成回数を拡大します

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1024318  更新日 令和6年3月2日

印刷 大きな文字で印刷

妊婦健康診査は妊婦さんやお腹の赤ちゃんの健康管理を行う上で欠かせないものです。

葛飾区では妊婦健康診査のうち超音波検査費用の一部助成回数を拡大することで、妊娠にかかる経済的負担を軽減し安心して出産に臨めるよう支援します。

対象

令和5年4月1日以降に妊娠届出をされた方

 

助成の内容について

【妊婦超音波検査費用の一部助成回数】

 ● 妊婦一人当たり 2回 → 4回(2回増)

 ● 多胎妊娠(双子など)の場合、妊婦一人当たり 2回 → 6回(4回増)

 

助成限度額

妊婦超音波検査1回あたり5,300円

 

交付方法

葛飾区では、妊娠届出をされた方に親子健康手帳(母子健康手帳)と一緒に妊婦健康診査受診票一式をお渡ししています。

令和5年4月1日以降に妊娠届出をされた方は、妊婦超音波検査受診票の交付枚数が4枚に増えたものをお渡しします。多胎妊娠(双子など)の方は、その旨を職員にお伝えください。追加で受診票を2枚お渡しし、計6枚となるようにします。

なお、令和5年3月31日以前に妊娠届出をされた方は、さかのぼっての交付や償還払い等は対応できませんので、ご了承ください。

利用方法

利用方法は、他の受診票と同じです。検査を受ける都内実施医療機関の窓口に受診票を提出してください。

里帰り出産等で、都外の医療機関で検査を受ける場合は、申請により助成が受けられます。詳しくは下記リンクをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭支援課母子保健係
〒125-0062 葛飾区青戸4-15-14 子ども総合センター内
電話:03-3602-1387 ファクス:03-3602-1392
Eメールでのお問い合わせはこちらの専用フォームをご利用ください。