○葛飾区行政不服審査法施行条例施行規則

平成28年3月28日

規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、葛飾区行政不服審査法施行条例(平成28年葛飾区条例第1号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(審理員に対する交付の求めに係る費用の額及び納付)

第2条 条例第2条第1項に規定する費用の額は、別表のとおりとする。

2 前項の費用は、現金により前納しなければならない。

(審査会に対する交付の求め)

第3条 条例第2条第3項の交付の求めは、次に掲げる事項を記載した書面を提出してしなければならない。

(1) 交付に係る行政不服審査法(平成26年法律第68号)第81条第3項で準用する同法第78条第1項に規定する主張書面若しくは資料(以下「対象主張書面等」という。)又は交付に係る同法第81条第3項で準用する同法第78条第1項に規定する電磁的記録(以下「対象電磁的記録」という。)を特定するに足りる事項

(2) 対象主張書面等又は対象電磁的記録について求める交付の方法(次条各号に掲げる交付の方法をいう。)

(3) 対象主張書面等又は対象電磁的記録について第6条の規定による送付による交付を求める場合にあっては、その旨

(審査会の交付の方法)

第4条 条例第2条第3項の交付は、次の各号のいずれかの方法によってする。

(1) 対象主張書面等の写しの交付にあっては、当該対象主張書面等を複写機により用紙の片面又は両面に白黒又はカラーで複写したものの交付

(2) 対象電磁的記録に記録された事項を記載した書面の交付にあっては、当該事項を用紙の片面又は両面に白黒又はカラーで出力したものの交付

(審査会に対する交付の求めに係る費用の額及び納付)

第5条 条例第2条第3項に規定する費用の額は、別表のとおりとする。

2 前項の費用は、現金により前納しなければならない。

(審査会に対する送付による交付の求め)

第6条 条例第2条第3項の交付を受ける者は、同項の費用のほか送付に要する費用を納付して、対象主張書面等の写し又は対象電磁的記録に記録された事項を記載した書面の送付を求めることができる。

2 前項の送付に要する費用は、郵便切手により前納しなければならない。

(審査会の庶務)

第7条 葛飾区行政不服審査会(以下「審査会」という。)の庶務は、総務部総務課において処理する。

(審査会の調査審議の手続)

第8条 第3条から前条までに定めるもののほか、審査会の調査審議の手続に関し必要な事項は、会長が審査会に諮って定める。

付 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条及び第5条関係)

費用の区分

写し又は書面の大きさ

複写機により作成した写しの作成に要する費用

A列2番

白黒1枚につき20円

A列3番以下

白黒1枚につき10円

カラー1枚につき20円

電磁的記録に記録された事項を記載した書面の作成に要する費用

A列3番以下

白黒1枚につき10円

カラー1枚につき20円

外部委託による写し又は書面の作成に要する費用


外部委託に係る費用として、葛飾区長が定める額

備考

1 写し又は書面の大きさは、日本工業規格による。

2 1枚の両面に複写をした場合の写し又は書面の作成に要する費用の額については、2枚として計算する。

葛飾区行政不服審査法施行条例施行規則

平成28年3月28日 規則第15号

(平成28年4月1日施行)