○葛飾区情報公開条例施行規則

平成4年11月6日

規則第92号

(目的)

第1条 この規則は、葛飾区情報公開条例(平成4年葛飾区条例第30号。以下「条例」という。)の定めるところにより、葛飾区長(以下「区長」という。)が管理する情報の公開について必要な事項及び情報の公開を請求したものが負担する費用の額等を定めることを目的とする。

(平29規則44・一部改正)

(電磁的記録の公開)

第1条の2 電磁的記録(録音テープ及びビデオテープを除く。)の公開は、当該電磁的記録を印刷物として出力したものの閲覧又は交付により行う。

2 前項の規定にかかわらず、当該電磁的記録をディスプレイに出力したものの視聴が容易であるときは、当該電磁的記録の視聴により公開することができる。

3 条例第2条第3号の規定により区長が指定する電磁的記録は、次のとおりとする。

(1) パーソナルコンピュータ又はワードプロセッサーにより作成された電磁的記録で、フロッピーディスクその他の記録媒体に容易に複写することができるもの

(2) その他区長が認めるもの

(平13規則22・追加)

(請求書の記載事項等)

第2条 条例第6条第3号に規定する実施機関が定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 請求年月日

(2) 公開の方法

(3) 前2号に掲げるもののほか、区長が特に必要と認めた事項

2 条例第6条に規定する請求書の提出は、情報公開請求書により行うものとする。

(平13規則22・一部改正)

(情報公開決定通知書等)

第3条 条例第7条第2項の規定による通知は、次の各号に掲げる場合に応じ、当該各号に定める通知書により行うものとする。

(1) 条例第7条第1項の規定により情報を公開する決定をした場合 情報公開決定通知書

(2) 条例第7条第1項及び第10条の規定により情報の一部を公開する決定をした場合 情報一部公開決定通知書

(3) 条例第7条第1項の規定により情報を公開しない決定をした場合 情報非公開決定通知書

(4) 条例第10条の3の規定により情報の公開の請求を拒否する決定をした場合 情報公開拒否通知書

(平13規則22・平29規則44・一部改正)

(決定期間延長の理由等)

第3条の2 条例第7条第3項に規定するやむを得ない理由は、次に掲げる理由とする。

(1) 公開の請求に係る情報に多量の文書が含まれる等の合理的な理由により、公開の請求に係る情報の公開の可否(条例第10条の3の規定による請求の拒否を含む。)の決定(以下「公開可否決定」という。)をするのに日数を要すること。

(2) 条例第7条第5項の規定による聴取をする必要があるため、公開可否決定をするのに日数を要すること。

(3) 災害の発生、一時的な事務量の増大等の理由により、短期間に公開可否決定をすることが困難であること。

(4) 年末年始の執務を行わない日が含まれる等の理由により、短期間に公開可否決定をすることが困難であること。

2 条例第7条第3項の規定による通知は、情報公開決定期間延長通知書により行うものとする。

(平29規則44・追加)

(第三者の意見の聴取等)

第3条の3 条例第7条第5項の規定による聴取は、区長が第三者情報意見照会書及び第三者情報意見回答書を第三者(条例第7条第5項に規定する区以外のものいう。以下同じ。)に送付することにより行うものとする。

2 区長は、第三者から第三者情報意見回答書の返送がないとき又は口頭で回答することを希望する旨の申出があったときは、第三者の意見を口頭により聴取し、第三者情報意見聴取書に記録するものとする。

3 区長は、公開可否決定の結果について、第三者情報公開可否決定結果通知書により意見を聴取した第三者に通知するものとする。

(平29規則44・追加)

(情報の不存在等の通知)

第3条の4 区長は、条例第6条に規定する請求書の提出があった場合において、公開の請求に係る情報が存在しないとき(条例第2条第2号に規定する情報に該当しないときを含み、条例第10条の3の規定により情報の公開の請求を拒否する決定をしたときを除く。)又は条例第16条若しくは付則第2項若しくは葛飾区情報公開条例の一部を改正する条例(平成13年葛飾区条例第12号)付則第3項の規定により条例の適用を受けないものであるときは、情報の公開を請求したものに対し、情報不存在等通知書により通知するものとする。

(平29規則44・追加)

(特例延長通知)

第3条の5 条例第7条の2の規定による通知は、情報公開決定期間特例延長通知書により行うものとする。

(平29規則44・追加)

(公開の実施等)

第4条 情報の公開は、職員の立会いのもとに行うものとする。

2 情報の公開を受けるものは、当該情報を汚損し、又は破損することがないよう丁寧に取り扱わなければならない。

3 区長は、情報の公開を受けるものが前項の規定に違反するおそれがあると認めたときは、情報の閲覧又は視聴を中止させることができる。

4 情報の写しの交付を行う場合の交付部数は、請求があった情報の1件名につき一部とする。

(写しにより公開する理由)

第4条の2 条例第8条第2項に規定する相当の理由は、次に掲げる理由とする。

(1) 条例第10条の規定により公開しないことができる情報に係る部分を除いて公開する場合において、原本により公開することが困難であること。

(2) 公開の請求に係る情報が、閲覧に供することにより日常の業務に支障を及ぼすおそれのある常用の台帳、帳簿等であること。

(3) 前号に掲げるもののほか、特に区政の円滑な執行を確保する必要があること。

(平29規則44・追加)

(費用の額及び納付)

第5条 条例第11条第3項に規定する費用の額は、別表のとおりとする。

2 前項の費用は、前納とする。

(実施状況の公表)

第6条 区長は、条例第19条の規定に基づき、条例による情報公開制度の前年度の実施状況について、区広報への掲載により、次に掲げる事項を毎年6月末日までに公表するものとする。

(1) 公開の請求の状況

(2) 公開の請求に対する決定の状況

(3) 前2号に掲げるもののほか、区長が必要と認めた事項

(平15規則56・平29規則44・一部改正)

(指定管理者が管理する情報の提供依頼等)

第6条の2 条例第20条第1項の規定による情報の提供の請求は、区長が施設の管理に関する情報の提供依頼書、施設の管理に関する情報の提供書及び施設の管理に関する情報の提供拒否理由書を指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に送付することにより行うものとする。

2 区長は、指定管理者が管理する情報について公開可否決定をしたときは、指定管理者情報公開可否決定結果通知書により当該指定管理者に通知するものとする。

(平29規則44・追加)

(出資等法人)

第6条の3 条例第21条第1項の規定に基づき、区長が別に定める出資等法人は、次のとおりとする。

(1) 葛飾区土地開発公社

(2) 社会福祉法人葛飾区社会福祉協議会

(平13規則22・追加、平14規則17・平19規則4・平21規則6・一部改正、平29規則44・旧第6条の2繰下)

(委任)

第7条 この規則における書類の様式その他この規則の施行に関し必要な事項は、区長が別に定める。

(平13規則22・一部改正)

付 則

この規則は、平成5年1月1日から施行する。

付 則(平成7年7月10日規則第55号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成13年3月30日規則第22号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

付 則(平成14年3月29日規則第17号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

付 則(平成15年6月6日規則第56号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の第6条の規定は、平成14年度の実施状況の公表から適用する。

付 則(平成19年3月7日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

付 則(平成21年3月24日規則第6号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成22年3月26日規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の別表の規定は、この規則の施行の日以後の請求に係る写しの作成に要する費用について適用し、同日前の請求に係る写しの作成に要する費用については、なお従前の例による。

付 則(平成29年10月3日規則第44号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第5条関係)

(平13規則22・平22規則9・一部改正)

費用の区分

写しの大きさ

複写機により作成した情報の写しの作成に要する費用

A列2番

黒の単色刷り1枚につき 20円

A列3番以下

黒の単色刷り1枚につき 10円

黒以外の単色刷り及び多色刷り1枚につき 20円

電磁的記録を印刷物として出力するために要する費用(当該印刷物を電磁的記録の写しとして交付する場合に限る。)

A列3番以下

黒の単色刷り1枚につき 10円

黒以外の単色刷り及び多色刷り1枚につき 20円

電磁的記録を記録媒体に複写するために要する費用

 

記録媒体に係る費用として、区長が定める額

外部委託による写しの作成に要する費用

 

外部委託に係る費用として、区長が定める額

情報の写しの送付に要する費用

 

郵便料金の額

備考

1 写しの大きさは、日本工業規格による。

2 1枚の両面に複写をした場合の情報の写しの作成に要する費用の額については、2枚として計算する。

葛飾区情報公開条例施行規則

平成4年11月6日 規則第92号

(平成29年10月3日施行)

体系情報
第3編 行政一般/第5章 情報公開
沿革情報
平成4年11月6日 規則第92号
平成7年7月10日 規則第55号
平成13年3月30日 規則第22号
平成14年3月29日 規則第17号
平成15年6月6日 規則第56号
平成19年3月7日 規則第4号
平成21年3月24日 規則第6号
平成22年3月26日 規則第9号
平成29年10月3日 規則第44号